• WOMAN's VALUE AWARD受賞

「女性の価値を見出す」には、女性にとって“働きやすい環境”を創るだけでなく、 経済合理性のある働きによって職場・社会に貢献し、 “活き活きと働きがいを持って活躍できる女性を育て、活かすこと”だと考えています。

そのためには、「女性だけが頑張る」のではなく、男性社員や管理職を含めた「社内全体の相互理解」が不可欠。当社では、2015年より全国の女性社員が集う、 現場ボトムアップ型プロジェクト「Full of Work & Life Project ※仕事も家庭も生き生きと充実させ、素敵な人生を送ろう!という意味の造語」を始動。

女性の自律的キャリア形成力を育むため、主に、女性が抱えがちな悩みへのヒントやライフイベントに関する知識・事例をまとめた「キャリアバイブル」の全社展開、 メンターと出会える「キャリア座談会」などを開催。本年からは、女性を育てる管理職の力を高めようと「BOSS版プロジェクト」も始動しています。

女性が活躍するためには、制度の充実より大切なことがある
それは、職場の相互理解

WOMAN’s VALUE AWARD 2018の部門で【女性の価値を見出している企業様】として優秀賞を受賞された「ディップ株式会社」様。審査員である多くの学生を惹きつけたその魅力とは…
その魅力を探るため、インタビューを行いました!
今回インタビューにご協力を頂いたのは、人材開発室リーダーの若杉様です。

(左:若杉様)
(左:若杉様)

女性が活躍出来る社会のためには男性社員含めた会社全体の相互理解が必要

この度は総合部門での受賞、誠におめでとうございます。自己推薦文に込められた、1番大切にしておられる思いをお聞かせ頂けませんか?

若杉様私達は、女性社員はもちろん男性社員や管理職を含む全ての社員の相互理解をとても重視しています。今の時代、会社側が女性向けの制度を充実させている傾向にありますが、制度は整っていても、ベクトルが女性だけに向いているだけでは不十分です。制度を気持ちよく活用していくためには、周りの理解と協力が必要不可欠だと強く感じております。

女性の活躍は、制度に加えて職場での相互理解があって初めて実現できるということですね。

自立なキャリア形成を推進、そして今後活躍出来る女性になるためには

貴社では女性の自立的なキャリア形成力を育むことを目的とした、女性活躍推進プロジェクトを推進しておられます。審査員の学生たちからは、「“自立的に”自らの手でキャリアを切り開いていくたくましさが大切なのだ」という声も多数届いています。
性別によらず、女性が男性と対等に活躍していく上で、どのようなことがこれからの女性に必要となるか、若杉様ご自身のお考えをお聞かせ願えますでしょうか?

若杉様今この会社の中では元々対等だなと感じているのが正直なところですね。そのため、女性だから、男性だからという差を感じたことがありません。もちろんそれは今の自分の年齢だからだとは思います。これから先、その対等という言葉へ意識が強まるのは、ライフイベントを迎えた際だと思います。ライフイベントを経て私自身はずっと働き続けたいと思っていますが、やはり時間の制約等で男性と同じような時間で働くことがどうしても難しくなってくると思います。その中でも、キャリアを築いていったり、地位を高めたりしていく上で、女性はライフイベントを迎えるまでの期間がすごく勝負だなと考えています。20代というのは大きいくくりですけれど、この期間に男性以上に経験を積んだり自分の知識やスキルの向上にコミットしたりしていくことが、ゆくゆく長い目で見た時の男女平等というところのキャリア形成においては大事だなと思います。

就活生必見!将来の自分の可能性を広げることの大切さ!

最後になりますが、ぜひ就活生に向けて何か一言アドバイスをお願い致します!

若杉様就活をする上で、「自分の選択の可能性を広げる」という観点を持つことがとても大事だと思いますね。就活というほんの何ヶ月かの中で、自分が人生をかけてでもやりたいことはなかなか見つからないと思います。本当に自分が成し遂げたいことや仕事というのはおそらく社会に出てきてから気づいたり、分かったりするものだと思います。そういったことが見つかった時に、そこにチャレンジできる自分であるということはとても大事なことだと思うので、是非皆さんには、自分の可能性を広げるということを意識しながら就職活動に取り組んで頂きたいです。

会社情報

会社名 ディップ株式会社
本社所在地 106-6231
東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
社員数 1866人
女性社員数 908人 (全体の49%)
ウェブサイト https://www.dip-net.co.jp/