• WOMAN's VALUE AWARD受賞

私たちは「全ての人にきっかけとチャンスを」提供する、ということを大切にしています。

そのため、男性だから、女性だから、という区別をするのではなく、やりたことを実現するためにフェアに機会を提供するというのが私たちの基本的なスタンスです。

女性の価値を見出すという点においては、本人たちのやりたいことを実現するために起業・独立を支援しており、過去新卒で入社してから独立した女性が3名、中途入社から独立した女性が1名います。

そのうちの1人は元々小説家になるのが夢だったのですが、仕事をしながら自分のやりたいことを突き詰めていったときに、書き手を支援することが自分のやりたいことだと気づき、現在では各種メディアのライティングとディレクションをする会社を経営しています。

人は自分のやりたいことをやっているときほど高いパフォーマンスを発揮するものだと思いますが、やりたいことを長く続けていくためには、それをビジネスとして成立させていく必要があります。

その力を身につけさせ、それを実現する機会を提供することこそが、彼女たちの価値を最大限まで高めるのだと考えています。

「自走できる大人になれる会社であり続けるために…」

WOMAN’s VALUE AWARD 2018の総合部門で【女性の価値を見出している企業様】として優秀賞を受賞された「株式会社Sales and Innovation Japan」様。審査員である多くの学生を惹きつけたその魅力とは…
その魅力を探るため、就活美人学生実行委員がインタビューを行いました!

今回インタビューに協力をいただいたのは株式会社Sales and Innovation Japan 代表取締役 CEO 冨田 憲一様です。

(左:冨田様)
(左:冨田様)

すべての人にきっかけとチャンスを

この度は受賞、誠におめでとうございます。ずばり、今回エントリーの400字にどのような想いをこめていますか?

冨田様すべての人にきっかけとチャンスを提供したい、と常日頃から想っているのですが、その想いをそのまま言葉にしました。この想いはグループ全体にも共有しています。特別なことではなく、本当に普段から想っていることをありのまま書いた400字になっていると思います。

自走する人間になってほしい

「すべての人にきっかけとチャンスを」とは、具体的にどのような想いが込められていますか?

冨田様フェアであることを前提に機会を提供するということですね。昔はきっかけやチャンスを提供するだけでフォローはしないのか、と言われたこともあるのですが、二人三脚でなければ成立しないという状態ではなく、どんな状況でも自走できるような実力を身につけて欲しい。そのためには、何もかも管理してやらせるというのではなく、機会を提供して後は任せるということが大事だと思っています。
何かを得たいと思ったら、得る方法は指導しますが、その何かを得たり掴んだりするのはあくまで本人であってほしいと思っています。

その上で社員の方を育成するのに大切にしていることはありますか?

冨田様経験上、若い人には見えないものが、私たちには見えていたりすることもあると考えているので、見えないものが見えるように視野を広げてあげることは大切にしています。やりたいことに対して、その物事の本質を一緒に考えたり、方法や手段、順番やつながりなどを考えたりということを、しっかり行うようにしています。

誰かや何かに頼っているうちは、大きな成長は得られない

仕事を通じて冨田様がこれまで得た学びの中で印象に残っていることはありますか?

冨田様24歳の時に営業が全然うまくいかない時期があって、営業を学ぶために圧倒的な営業力を持つある方の下で修行した時期があったんですよね。でも、その方の下にいたからといって契約が取れるようにはならなかったんです。原因はその人に頼りすぎていたから。自分の営業をカバーしてくれる人が常に傍にいることで、無意識に甘えが生まれ、準備も疎かになり、結果を出すことに対して本気になれていなかったのだと思います。そこで、一切の手助けを断り、頼るのをやめてがむしゃらにすべて自分でやってみたら、その月にいきなり初受注。誰かが助けてくれる環境、誰かが責任を取ってくれる環境では、本当の意味で本気にはなれないし、大きな成長も得られないことに気づきました。今の会社のスタイルも、その経験が大きいと思います。

人とのつながりを大切にしつつ、十人十色でいい

御社の社員はどのような方が多いですか?

冨田様独立心の強い人が多いですね。ただ、孤軍奮闘するような人よりは、チームや顧客との関係性やコミュニケーションを大切にしている人がほとんどです。例えば、先輩たちの経験を事例にして他の社員の勉強のために共有してくれる人や、直接利害関係のないチームの後輩に対しても、色々と面倒をみてくれる人もいます。LINEなどを使って社内コミュニケーションも多くとるようにしていますよ。

特に女性社員ではどのような方が多いでしょうか?

冨田様どんなタイプというよりは、十人十色だと思います。負けず嫌いで常に1位を取り続けないと気持ちが悪いと言っている人もいれば、毎日楽しく働くを大事にしている人もいますね。ただ起業した40名の社員のうち、6名が女性(2018年現在)なので、スタンスはどうあれ社会で活躍できるポテンシャルを持った女性は多くいると思います。

就活生必見!人生は思った通りにいかないもの!?

最後になりますが、ぜひ就活生に向けて何か一言アドバイスをお願い致します!

冨田様新卒採用をしている会社の人事担当者というのは、応募者を集めるために学生に対して自社の魅力ばかりをPRする傾向にありますので、学生からするとどの会社もよさそうな会社に見えるんですよね。だからこそ、人事の言葉からだけではわからない部分、例えば、その会社で働く人をしっかり見るといったようなことを通じて、自分の目で確かめるということをして欲しいなと思います。何をするかも大切ですが、誰とするかはもっと大切だと思っていますので。
  それと、正しい選択ができるのが一番だとは思いますが、選んだ選択肢を正しいと思えるように変えていくこと、これがもっと大切だと思います。
 どれだけ用意周到に頑張っても、思った通りに行かないのが人生。でも、夢や目標を追い続けて努力していれば、例え遠回りしたとしても最終的には達成できるということはたくさんあります。だからこそ、途中の過程がどうなっても、その瞬間を楽しむことが大切。人生なんて思い通りにはいかないものだと思っている方が、楽しいこともありますよ。

会社情報

会社名 株式会社Sales and Innovation Japan
本社所在地 141-0032
東京都品川区大崎2-9-2
社員数 103人
女性社員数 6人 (全体の6%)
ウェブサイト http://www.salesandinnovation.co.jp