• WOMAN's VALUE AWARD受賞

女性の価値を見出すこと

仕事とプライベート、どちらが大切ですか? どちらかを選べますか? 選べなくて当たり前です。 どちらも大事に思う自分を大切に、ありのままに生きましょう。

女性の価値とは、子供を守る時の包み込む強さ、子供の成長を見守る時のような深い優しさ、また仕事から家庭へ、さらには両立のために変化に対応できる柔軟性であると、私達は考えます。

セキュアは、女性の活躍の場が少ない業界にいます。しかし、私達は女性の価値を最大限に生かす事の出来る活躍の場を広げています。
働きやすい制度を作ることは出来ますが、女性が活躍するために「女性が挑戦できる場を作る」、この事こそがあなたと会社の成長には欠かせない条件です。

 「あらゆるシーンに安心・安全を提供する」事を基本理念としている弊社は、女性の価値を活かし、自分の可能性を広げて成長したい女性には最高の環境だと考えています。

私達にとって「ありのまま」のあなたこそが最大の価値なのです。

「面接はお見合い」入社してくれた学生に入って良かったと思ってもらえる会社に

WOMAN’s VALUE AWARD 2018の総合部門で【女性の価値を見出している企業様】として特別賞を受賞された「株式会社セキュア」様。
審査員である多くの学生を惹きつけたその魅力とは…
その魅力を探るため、就活美人学生実行委員がインタビューを行いました。
 男女共に働きやすい環境作りに取り組む社員の皆様にお話を伺いました!

今回インタビューにご協力を頂きましたのは、
株式会社 セキュア
経営管理部 部長 佐藤仁美 様
経営管理部人事担当 課長 深尾之博 様
経営管理部 人事総務課 金子美樹 様です。

(左:佐藤様、中央:金子様、右:深尾様)
(左:佐藤様、中央:金子様、右:深尾様)

女性が社会で活躍していく為に必要なこととは・・・

この度は特別賞受賞、誠におめでとうございます!まずは、仕事をする上で皆様ご自身の中で大事にされていることはありますか?

金子様ゴールを曲げないことです。
1度決めたやりたいことって変化するものではあると思うのですが、最終的な目標は曲げないことですね。
やりたいことって色々出てきますけどね(笑)でも、こうなりたい自分っていうのを忘れないで、それに向かってたくさん挫折する、失敗する。経験して失敗して、それを自分の反省にして経験になるので、本当にやってみることが大切ですね。

その大事にされている気持ちを持った上で、女性が男性と平等に活躍していく為に必要なことはなんだと思われますか?

金子様やはり、働きやすい職場環境のサポートではないでしょうか。
制度を良くすることはもちろん出来るのですが、作った制度を支えられるような環境を作る。
そこに対するサポートや仕事のやり方を考えながら制度を作っていくことが大事だと思いますね。
ただ単に、女性を優遇するのではなく、その人にあったものを作り上げていくことが大事なのかなと私は思います。
女性だからこういう(マイナスな)評価っていうのはやっぱり納得いかないですね(笑)。
私はこのぐらいまで出来ますよ!というところも伸ばしていきたいです。
活躍していく過程で障害になるものがあれば少しでも会社の方でもサポートをしていきたいですし、同じ境遇や経験を持つ人とたくさん話をして解決策を探していきたいなと思っています。
ですので、社内のコミュニケーションでは面談という、時間を特別に作るのではなく、ふとした瞬間に気軽に話をすることを大切にしています。
私はそういうコミュニケーションを忘れたくないなと思っています。

(インタビューの様子)
(インタビューの様子)

就活生必見!人事の方の熱い想いを知ってほしい

是非就活生に向けてのメッセージをお願いします!

金子様私は就活を真剣にやっていなくて、何も考えていない学生でした。
だから、皆さんには沢山足を運んで、色々な人と話をすることを本当にやってほしいなと思います。
その中で、「自分のやりたいことって何だろう」と見つけられるといいなと。
たとえ、明確な業界や業種の目標があったとしても、それだけに特化しないで幅広くみてほしいなと感じます。
本当に今しかないです、色々な企業の方々に出会えるのって。
だからこそ、今の時期に沢山活動して沢山の人に会って色々な話を聞いてほしいなと思いますね。

何から始めたらいいか分からない、企業様にどう話しに行けばいいか分からないという学生の為に具体的なアドバイス等あれば教えて頂けますか?

金子様まずは、説明会等があるのであれば説明している方や説明会後に直接話をしてみるのもいいですし、ふらっと気になる企業様のところへ直接話を聞きに行くのもいいと思います。

深尾様そうですね、なかなかイベント等でも限られた時間、短い時間しかないので伝える側も定型的なことしか伝えられないことがほとんどです。
そういう面では、飛び込みもありかなと僕は思いますね。
ただ、飛び込む以上は相手の時間という価値を奪うことになるので、まずは自身の想いを伝えてください。
それに対してリアクションをしてくれる企業さんは素敵な考えを持っている方が多いと思います。
多分、「聞かせてください」だけだったらほぼ断られてしまうと思うので、自分の想いを伝えた上でお話を聞いて下さる会社様は沢山いらっしゃると思います。

佐藤様私は、最初に入社する会社というのがとても重要だと思っています。
就職活動されている学生さんにとって卒業後初めて会社に入社するのって1回しかないですよね。
転職というのは、やろうと思えばいくらでも出来ます。だから、面接をされに行くのではなく、学生も企業側の面接を自らしに行くのだという気持ちで、結婚相手を探しに行くようなイメージを持って頂けたらなと思います。
企業側に聞かれたことだけを答えるのではなく、自分の想いや軸を企業にぶつけていって自分に合う会社を探していってほしいなと思います。
私は、よく面接をする時最初に「はい、じゃぁまず深呼吸して。吸って〜はいて〜落ち着いた?じゃぁ行こっか?」と言っています。(笑)
じゃないと本心で喋ってくれないですよね。
表現としてのうわべはいらないなと思っています。
私たちも入社してくれた子には当社に入って良かったって思ってほしいです。
やっぱり仕事をするということは8割9割大変なことが多いです(笑)。
でも、残りの1割の価値を見出して、一生懸命続けた先に、この会社に入って良かったと思ってもらうことが大事だと思います。

深尾様最近、ある方が仰っていたことなのですが、男性でも女性でも、新入社員でもそれこそ社長さんでも、求められたことに対する成果を果たす責任って同じなんですよね。
求められる成果、結果っていうものは平等に求められているんだ、という意識を持って頂ければ少し見方も変わると思います。
それこそ、女性に人気の業界とかたくさんあるじゃないですか。
でも、そこだけに引っ張られてしまうと見るところも狭くなってしまうと思います。
だから、僕は業界も絞らなくていいのでは?と思っています。
特に業界で成し遂げたいことがないのであれば、業界を絞らず企業を見て、そこで自分は何を成し遂げられるのかを意識してほしいなと思います。
そして面接でも、もっともっと積極的に質問してくれたら嬉しいなと思っています。

会社情報

会社名 株式会社セキュア
本社所在地 163-0220
東京都新宿区西新宿二丁目6-1 新宿住友ビル20F
ウェブサイト http://www.secureinc.co.jp/