• WOMAN's VALUE AWARD受賞

「俺(男)はまだまだ当事者意識が低いぞ…」 とあるセミナーで、6人の女性リーダーのイキイキしたオーラに圧倒されることになる。

彼女達は、企業内で働き方改革推進メンバーとのこと。 それぞれのライフキャリアを持ち、いろいろと制限された仕事環境の中で自身の価値創出をする為の改革を提案しているのだ。それは、女性がこれまで社会から受けてきた扱いへの改革と重なるものだった。

“価値を提供したい人”と“労働力を必要とする企業”とがマッチしない社会。 これが働き方改革の本質であると気付かされる。

今、日本は”キャリア”の転換点にいると実感する。 私も“自分らしい豊かな人生設計“を追求する中で、 使命と仕事の繋がりを考える機会が増えてきた。

個人の期待に企業が応え、企業の期待に個人が応える。 それは互いに信頼し与え合いビジョン達成をサポートできること。 ”自立した関係”が大事なのだと。

それには個人も変わる必要があり、自己投資を惜しまず価値向上し続けること。 それが“人的生産性最大化の持続的モデル”となり、 皆が活躍でき発展的に継続する会社となり社会が変わるのだと考える。

会社情報

会社名 データライブ株式会社
本社所在地 270-1163
東京都文京区本郷2-38-4本郷弓町ビル2F
社員数 90人
女性社員数 26人 (全体の29%)
ウェブサイト http://www.datalive.co.jp/