• WOMAN's VALUE AWARD受賞

テーマ自体がナンセンスだと思います。
なぜならアドウェイズは、性別に関係なく実力で評価するため、当然、女性も多数活躍 しているからです。また、アドウェイズには社員の成長を全力で応援する「人儲け」とい う企業理念があります。
私は2007年に新卒で入社をし、すぐに1番大きな売上をもつクライアントの広告企画営 業を担当しました。右も左も分からない状態でしたが、先輩やチームの協力もあり、担当 企業の方から「橋爪さんの広告のおかげで商品の売上が上がりました!」と感謝の言葉を 頂きました。この経験をもとに、その後も様々な仕事に挑戦しています!
また、2019年に入社した女性社員は、将来独立を夢に、入社わずか半年でマネジメント 職に就きました。
「人儲け」は、現在もなお現場に浸透し続けています。
是非、就活生の皆さんには「なりたい自分を叶えられる企業はどこだろう」という観点 で就活してほしいです。
企業を引っ張るヒロインになってください!

WOMAN’s VALUE AWARD 2019の総合部門にて優秀賞を受賞された、「株式会社アドウェイズ」様。就活美人実行委員がインタビューさせていただくことができました!

今回インタビューにご協力いただいたのは、株式会社アドウェイズの橋爪様、見目様です。

まず、エントリーシートに込められた思いを聞かせてください。

橋爪様テーマが女性の価値を見出すということだったのですけど、仕事における価値を女性に限定して考えたことがなかったので、その違和感を正直に書きたいと思いました。うちの会社は女性だとか新卒だとか中途だとか年齢、国籍だとか全て除外し、実力主義で仕事ができる環境があります。私は2007年にアドウェイズに入社してからいろいろ仕事をしてきた中で、女性だから諦めなきゃいけなかった、女性だから活躍できなかった、やらせてもらえなかったと感じたことは一切なかったです。それがテーマに対して違和感を抱いた原因なのではないかと思います。だからこそエントリーシートにはありのままのアドウェイズの姿を、自由でどんどん若いうちからもチャレンジできる社風を伝えたいと思いました。

私も初めてエントリーシートを拝見したときに”ナンセンス”という強い言葉に驚くと同時にすごく納得しました。女性を含めた社員全員の活躍はもちろん若手社員の活躍という点も非常に伝わってきて、学生から見て、すごく素敵な会社だと感じました。そんな御社ならではの強みとはありますか?

見目様当社は若手とか関係なく手を上げればチャレンジできる仕組みになっています。基本的には仕事を任せられるというより、自分で手を挙げてやりたいですという社風ですね。こういうスタンスは一般的な会社からしたらリスクだと思います。やっぱり出来る人に任せたほうが売り上げなどもどんどん上がると思うのですが、それだと社員の成長には繋がらない、「社員の成長があってこその会社の成長」だと考えているので、何でも挑戦したいという人を応援することを大切に、そしてそれを先輩や周りが後押しする仕組みが実現されています。 ちょっと高い壁にもどんどん挑戦する、そんな社風の会社ですね。
この挑戦の文化は社長の後押しがあったのはもちろんだと思いますが、社員はみな経営理念の「人儲け」に共感しており、実際に自分がサポートする側、サポートされる側の両方に立つ中で、個人のチャレンジを応援する風土が根付いたのだと考えています。

「人儲け」という理念には、”会社とは、本当の意味で社員が成長できる場でなければいけないし、顧客や社会に「なにこれ すげー!こんなのはじめて!」を提供しなければいけない”という想いが込められていると伺いました。実際お話を伺うと本当に社員の成長を考えられていらっしゃる様子が伝わってきますね。

見目様性別、年齢など一切の条件を除外した上でどんどんチャレンジできる環境、それを応援する制度、それぞれの自分らしく活躍したいという想いと輝ける場所、サポートする周りの人たち、許容しあう関係、このどれもが欠かせない要素だと思います。
また、活躍できる、チャレンジできるということは前提としてフラットに正当に評価される環境がないと成り立たないと思います。そのような正当な評価が的確にされる環境というのも非常に重要ですね。
橋爪様:あえて女性という観点でお話をすると、女性には妊娠出産などのライフステージの変化も考えられると思いますが、ライフステージが変わっても自分らしく働けるようにサポートする制度がアドウェイズにはあります。実際、私も今2人子育てをしていて、妊娠当初身体の変化や保育園のことなどたくさんあった不安を、会社のサポートで乗り越えることが出来ました。
例えば、アドウェイズでは妊娠がわかったときに自社で作成したオリジナルハンドブックを渡しています。これには妊娠発覚から産休までの働き方、手続き、産休中のお金のこと、保育園の申請のことなど全部まとめて書いてあり、さらに社長のメッセージまで書かれています。これをもらったとき、安心して出産に向けて準備をすることが出来ました。復帰後のサポートももちろんあり、時短勤務やリモートワークなども選択することが出来ます。また、育児をしながらもっと働きたい、チャレンジしたいという社員を応援するサポートもあるので、復帰後も産休前の役職のまま働いている女性社員も多いです。男性社員も育児のための在宅勤務、時短勤務、育休をとれるので女性だけではないですけどね。

エントリーシートではっきりナンセンスと書かれておられますが、あえてお伺いします。真の女性活躍とはなんだと思われますか?女性の力はどのような環境下で発揮されると思いますか?

見目様性別、年齢など一切の条件を除外した上でどんどんチャレンジできる環境、それを応援する制度、それぞれの自分らしく活躍したいという想いと輝ける場所、サポートする周りの人たち、許容しあう関係、このどれもが欠かせない要素だと思います。
また、活躍できる、チャレンジできるということは前提としてフラットに正当に評価される環境がないと成り立たないと思います。そのような正当な評価が的確にされる環境というのも非常に重要ですね。
橋爪様:あえて女性という観点でお話をすると、女性には妊娠出産などのライフステージの変化も考えられると思いますが、ライフステージが変わっても自分らしく働けるようにサポートする制度がアドウェイズにはあります。実際、私も今2人子育てをしていて、妊娠当初身体の変化や保育園のことなどたくさんあった不安を、会社のサポートで乗り越えることが出来ました。
例えば、アドウェイズでは妊娠がわかったときに自社で作成したオリジナルハンドブックを渡しています。これには妊娠発覚から産休までの働き方、手続き、産休中のお金のこと、保育園の申請のことなど全部まとめて書いてあり、さらに社長のメッセージまで書かれています。これをもらったとき、安心して出産に向けて準備をすることが出来ました。復帰後のサポートももちろんあり、時短勤務やリモートワークなども選択することが出来ます。また、育児をしながらもっと働きたい、チャレンジしたいという社員を応援するサポートもあるので、復帰後も産休前の役職のまま働いている女性社員も多いです。男性社員も育児のための在宅勤務、時短勤務、育休をとれるので女性だけではないですけどね。

ハンドブックまで用意されているのですね!お話を伺っていると御社の人の温かみがすごく伝わりますね。

見目様「人儲け」というのは社員の成長だけじゃなくて、アドウェイズに関わる全ての人に対してアドウェイズって会社があってよかったなと思ってもらえるような会社にしていこうという意味合いが込められています。なので、アドウェイズで働く社員や取引先だけでなく、社員の家族や株主、もちろんアドウェイズの選考を受けに来てくれる学生の皆さんも含めて、アドウェイズに関わる全ての人が「人儲け」の対象です。そういう意味でもとても温かい会社だと思いますね。
例えば、アドウェイズにはファミリーデーと呼ばれる日があるのですが、その日は社員の子供たちに向けてオフィスを開放していて、体験教室などを開き、普段お父さんお母さんがどんなふうに働いているのかを知ってもらうイベントなども行っています。この会議室にも子供たちが遊びに来るんですよ。

「人儲け」という理念を本当に大切にされているのですね。それでは、最後に就活生にメッセージをお願いします。

見目様就活ってやらなきゃいけないことがたくさんあったり、選考のプレッシャーとかでマイナスな気持ちになることも多いと思いますが、実際会社に入社するとその会社のことは深く知ることが出来ますけど、他社のことを知ることは全然出来ません。色々な会社の中に潜入出来て、たくさんの色んな社会人と会ってお話を聞けるのは、今まさに就活をしている皆さんだけの特権だと思います。就活生だからこそできる経験だと思うので、前向きにたくさんの会社を見て、一番自分に合った、自分らしく働くことが想像できる会社を見つけて入社してほしいなって思います。それが、アドウェイズだったら嬉しいです。会社から選ばれているという気持ちではなくて、自分が会社を選ぶんだって気持ちを大事に頑張ってください!

橋爪様今将来的にやりたいことや実現したい夢がある人は、その夢の過程でどんなスキルを身につけるのがベストなのかを深掘りして、自分に合ったベストな会社を選択するのが一番いいのかなと思っています。中にはまだやりたいことや将来の夢が見つかっていない人もいると思います。私も正直に言うと就活中は夢が具体的に決まっていませんでした。そのため、どういう業界を見たらいいのかなど悩んだ時期もありました。
今の段階で夢や具体的なものが見えていない人はまず将来に向けての可能性を広げること、そして自分を成長させることの2つを大事にしてほしいです。例えば可能性という点ではうちの会社はインターネットを利用した広告の会社であり、インターネット業界ならどこでも通用する基礎を学べるのではないかなと思います。また広告の会社でいろいろな業界とお付き合いがあるので視野も広がりやすいと思います。もう一つの自己成長については、とにかく自分を成長させてやりたいことが見つかったときにすぐスタートできるような前準備を社会人1社目でするといいのかなと思いますね。やりたいことが見つかったときに転職となると、その会社での実績や今あるスキルで判断されます。そのときにきちんと自分は何を身につけて何ができるかを、自信をもって強く伝えられることが大事だと思います。皆さんの大事な将来だと思うので是非こういう視点でも考えてみてください!

会社情報

会社名 株式会社アドウェイズ
本社所在地 160-6138
東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー38階
社員数 666人
女性社員数 205人 (全体の31%)
ウェブサイト https://www.adways.net/