• WOMAN's VALUE AWARD受賞

SAKURUGのビジョンは「ひとの可能性を開花させる企業であり続ける」。

IT業界・・・というと男性が多く活躍する業界とイメージする方が多いと思いますが、SAKURUGで働く女性一

人ひとりがそれぞれ大いに活躍しております。

未経験からエンジニア、新規部署を立ち上げた、新卒2年目でリーダーになった女性もおります。

ベンチャー企業ということもあり、一人ひとり挑戦できる場があります。

新卒1年目でも意見ができる場「新規事業会議」があり、役員社員関係なくフラットな立場で会社の経営に携われることも。

どんなことでもチャレンジしてみたいことは任せてもらえる機会がある、また裁量の大きさもやりがいに繋がります。

代表の遠藤自身、女性の働き方にとても理解があり、女性に起こるライフイベントに合わせた働き方ができます(時短勤務、産休等)。

SAKURUGのカルチャーにある「誰よりも楽しむ」にあるように、女性が楽しみながら仕事ができる、輝けるステージを用意しています!

WOMAN’s VALUE AWARD 2019 ICT部門 優秀賞を受賞となった「株式会社SAKURUG」様。審査員である多くの学生を惹きつけ続ける魅力とは…?
魅力を探るべく就活美人学生実行委員がインタビューを行いました!
今回インタビューにご協力をいただいたのは、システムインテグレーション事業部の後藤光様、小野寺結様、山中麗々様 です。

受賞おめでとうございます。
 実際働かれていて、女性が活躍しやすい環境と感じる点などありましたら是非教えてください。

後藤様SAKURUGは2、3年前までは男性が多い会社だったのですが、ここ数年で女性が増えてきたので、制度を整えているところです。会社の成長とともに社員のライフステージに合わせて制度を作っているので、働きやすいと感じます。
産休、育休をとったり、時短で働いている社員ももちろんいます。特に男性だから女性だからと分けている訳ではなく、いい意味で男性と同じようにバリバリ働いているメンバーもいます。結果を出している女性社員もたくさんいますし、社員のなりたい姿に会社が合わせて全体として働きやすい環境をつくっています。

他の企業様と比べて社員の方の成長において会社の強みと感じる点はありますか?

小野寺様・山中様男性、女性という概念にとらわれずに、一人一人が働きやすい環境を作ろうという空気があります。代表が直接、社員にどういった仕組みがあったらよいか、と投げかけてくれるので、社員も提案しやすい環境です。 月に一回社員1人1人が代表と30分話をするという制度があり、そこで働き方についても代表に提案できる機会があるのも強みの1つですかね。

みなさま新卒でSAKURUGさまに入られたそうですが、入社の決め手はなんだったのでしょうか?

後藤様・山中様就職活動中にたくさんの社員の方とお会いして、若い時から活躍できる環境があることを強く感じました。新卒を社員みんなでサポートする体制も整っていると感じたのもそうです。
ベンチャーだからこそ挑戦させてもらえる環境もあるし、頼れる先輩がいて成長しやすい環境があったからですかね。
加えて、社員全員とても仲が良いです。社内で女子会などのイベントを開いたり、よく少人数でもご飯に行ったりします。そういった環境だからこそチームで仕事を進めて仲間のためにがんばろうというモチベーションになっていると思います。

小野寺様若手でも、会社を作る側の視点を持つことができるというところですね。
その意見が採用されるかどうかは別ですが、提案させてもらえる場があるし、採用など関わりたい、と言ったらやらせてもらえる場があるので成長している実感があります。

SAKURUGで働くみなさまが考えられてる”真の女性活躍”とは?

後藤様・小野寺様・山中様女性だからということにとらわれず、LGBTもそうですし、それぞれの個々の多様性を認めて、それに合わせた働き方を考えて行くことが大切だと思います。
実際SAKURUGでは女性が活躍しやすいように男性社員もいい意味で気を使ってくれている部分があると思います。お互いに気持ちよく仕事ができるように気を使う文化がある。社長がそういうマインドを持って社員に接しているので、社員も自然と相互に気を使えるようになっていると思います。また新たに入ってくる社員もそういった空気感に会う人が集まって来ているのだと思います。制度ももちろん大切ですが、人が制度に合わせて働くのではなくて、人に合わせて制度を作っていくことで本当の活躍につながるのではないかと思います。
仕事に関してもチームでやりとげようという意識が高く、みんなのためにがんばろうというモチベーションが生まれています。
共通認識として達成するのをあたり前にしていくという文化を作っていく、社員みんなでこういう意識を持つことが大切で、信頼関係があるからこそ、自由に個々の多様性に合わせた働き方ができると思います。

では最後に、就活中の学生に対してメッセージをお願いいたします。

後藤様会社を自らつくっていくんだ!というマインドを持って働けることが大切だと思います。だからこそ自分にあった企業を是非見つけてほしいです。
私はSAKURUGの「結果を出せるのであれば自由でいいよ」という社風が自分に合っているんですよね。学生のみなさんも、自分が成果を出し活躍できると思える環境を選んでほしいです。会社のために何かをしたいと思える企業に入ることができれば社員同士信頼しあえると思います。

小野寺様自分がこうなっていきたい、というビジョンをしっかり持つことと、自分の可能性を広げることは意識を持てると良いと思います。SAKURUGでは社員の可能性を広げることをビジョンとして掲げているので、就活中に自分のやりたいことがどうしても見つからなくても、入社後に自分の可能性を広げて、やりたいことや自分のビジョンを見つけていけるのではないかなと思います。

山中様納得いくまで楽しみながら、就活をしてほしいですね。
就活って一生に一度で、この先人生でこのような経験することはないと思うので、追い詰め過ぎず、後悔のないようにやってほしいです。

会社情報

会社名 株式会社SAKURUG
本社所在地 150-0002
東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷5F
社員数 71人
女性社員数 33人 (全体の46%)
ウェブサイト https://sakurug.co.jp/